くるみ’s Room 2009年05月19日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
アンディ3回目の命日
今日は先代アンディ(ミニチュアダックス)お兄ちゃんの命日なんです。
3年前の今日、虹の橋へ旅立ちました。
10歳と4ヶ月。
ちょっと早いお別れでしたが、病気になっても最後まで頑張ったアンディ。
病気の詳細は去年の命日の記事に書いてありますので
こちら(別画面で開きます)をご覧下さい。
と言う事で、今日はアンディのお話をさせて下さいね。
写真があまり無かったので、昔の携帯からプリントして取り込んでみました。
ちょっと画像が悪いんですが・・・

アンディ1

アンディは埼玉県のとあるブリーダーさんの家で1996年の1月1日に
生まれたおめでたい子でした。
男の子3匹と女の子3匹の6人兄弟。
私が見学に行った時にはまだノッペリしていて”草鞋”みたいでした汗;
男の子が欲しかったので、3匹を箱に入れてもらいしばらく観察。
2匹がすぐに私の方にやってきました。
まだ生後1ヶ月ちょっとくらいではどの子も同じだなぁと思っていたら、さっきまで
箱の向こうにいた子が2匹の上によじ登り「ボクも撫でて?」ってやって来ました。
それがアンディです苦笑い

アンディ2

まだ私も実家で生活していた頃です。
アンディがやってくると家族はみんなメロメロ状態。
特にじいちゃん(父)は溺愛する事になるのですたはー
私が仕事に行っている間はアンディを留守番させておくつもりだったんですが、
両親が勝手に会社に連れて行っちゃうんですよ!
車通勤で自営業だったので、誰にも迷惑は掛ける事がないという
ある意味恵まれた環境だったんですけど・・・
その結果お留守番の全く出来ない子に成長してしまいましたガーン

アンディ3

そして家に来た日から夜鳴きの酷かったアンディ。
洗濯カゴの中に毛布を敷いて私のベッドの横で寝かせていたんですが、
夜な夜なキュンキュン鳴く声にすっかり寝不足になり・・・
4日目くらいについベッドに乗せてしまった私。
その結果生涯人間の布団で寝る事にガーン

アンディ4

私が1人暮らしを始めると監視の目が無くなったからか、
じいちゃんの溺愛っぷりは更にエスカレートするのです。
「ク?ン」と鳴けば「チッコか?」と外に連れ出します。
多い時は1日に20回くらいマジですか
そしてまた「ク?ン」と鳴けばその度におやつを与えます。
その結果8.2kgのデカチュアダックスが出来上がるのですガーン

アンディ5

めちゃくちゃ甘えん坊でビビリだったアンディ。
でもあまり悪い事ばかり書いたら怒られそうなので、いい事も書かないとねグー!
ガンになるまでは全く病気をした事は無かったんですよ?。
そして意外と賢かったアンディ。
どんなルートを辿って来ても私の家から5分くらいの距離まで近付くと
クンクン鳴いたそうですえぇ
両親が旅行に行く時には、私の家でちゃんとおりこうにお泊りも出来ました。
じいちゃんが入院した時には、すごくおりこうだったしね?。
甘やかす人がいなければ、とってもいい子だったのですうしし


亡くなる1ヶ月前に撮ったこの写真が、最後の姿になってしまいました。

アンディ6

もう固形物は食べられなくなっていたので、かなり痩せてしまってます。


亡くなってから3年も経っているけど、アンディの事を忘れる事はないですねぇ。
虹の橋ではお友達いっぱい出来たかな?
みんなと仲良くもう少し待っててね!


ランキングに参加しています。
今日は全く出番が無かったくるみが拗ねないように
ポチっと応援をお願いします♪

人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

【2009/05/19 23:59 】
アンディ | コメント(16) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。